菅野美穂主演 働きマン



-  |  次の4件 »

働きマン 登場人物


働きマン 登場人物の紹介


松方弘子(28)  菅野美穂

本編の主人公。女性編集者。
独身で元巨乳、そして勝気。仕事や恋人との関係で悩んでいようが、プライベートが犠牲になろうが、いざ仕事となると男スイッチが入ったのかと思うほどの猛烈ぶり。
後輩にも「働きマンです!」と言わしめている。
身だしなみには気をつかうタイプで、アクセサリーにいたるまで抜かりない。が、いったん仕事モードに入るとファッションだけでなく、恋愛も寝ること食べることもおろそかになってしまう。
30歳までに編集長になることが夢。

渚マユ(23) 平山あや
新人編集者。
外見は身長が低くて、顔はまん丸。恋愛小説が大好き。やや抜けているところはあるが、とても仕事熱心な可愛い後輩。名前の由来は渚まゆみ。

梶舞子(31) 吉瀬美智子
弘子の先輩編集者。
性格は冷静、そしてセクシー。エレガントな大人の女。いかにも仕事らしい仕事はしない、というポジションに上手くおさまっている。
声は大原麗子そっくり。名前の由来は梶芽衣子。

荒木雅美(28) 佐田真由美
弘子の親友。
仕事が忙しく友人付き合いをおろそかにしている弘子が、唯一親しく連絡を取り合う女友達。
内科医の見解から、仕事・仕事・仕事!の弘子に、性生活も含め生活の改善を忠告しまくっている。ドラマでは歯科衛生士。

成田君男(39) 沢村一樹
デスク。
弘子にとっては頼りになる上司。独身で趣味はアウトドア。性格は大らかで、且つ冷静な大人の男。
面倒臭い事はサラリと交わしつつ美味しい所はもっていく・・・人呼んで「生き方上手」。

梅宮龍彦(45) 伊武雅刀
編集長。
典型的なオヤジ。妻子とは別居中のため一人暮らし。 小鳥を飼っている。
外見は細身でひょうひょうとしているが、JIDAIの元敏腕記者。いざという時は肝が据わっており、部下への発言は的を射ている。

小林明久(28) 荒川良々
弘子と同期で飲み友達。
あだ名はこぶ平、こぶちゃんなど。
担当は風俗とグルメ。見かけは肥満体系で眼鏡をかけておりオタクっぽい。編集部きっての情報通。
思った事はあっさり言って裏がない性格。

田中邦夫(22) 速水もこみち
新人編集者。
仕事よりもプライベート重視。そのため仕事ぶりも常に中途半端で、労力や努力を嫌う。その労働態度は弘子のカンにさわる事ばかり。
失言も多く、付き合いも悪い。経験不足なため、暴走気味に行動する時もあり。
ファッション雑誌への転属を希望している。

堂島保(40) 野仲イサオ
先輩編集者。
皮肉屋で根に持つタイプ。そして反面編集者としてのプライドも高い。弘子を嫌っている。山登りが趣味。

菅原文哉(32) 津田寛治
張り込み専門の、張り込み屋。
無愛想で無口で 女と仕事をするのを嫌がる。
昔張り込みを嫌がり配置換えを願い出た弘子のことは今でも気に入らないが、弘子の仕事ぶりには一目置いている。

山城新二(28) 吉沢悠
大手ゼネコン勤務、4年越しの弘子の彼。
性格は温厚で人あたりがよい。
仕事は現場監督を経て営業。自分の仕事に対する姿勢が、弘子のように熱意を持って臨めていない事を悩んでいる。
ある事件をきっかけに破局に至る。

タグキーワード
働きマン ストーリー・感想カテゴリの最新記事

働きマンを見る気がしない最近

元来、働くのが嫌いな私には、「働きマン」というタイトル自体が少し重く感じて、チャンネルを回す気が起こりません。(チャンネルを回す、と言った時点で年がばれますね。笑。)

働きマンのブログをやっていながら、大変無責任な話ですが、最近見ているドラマは、次のようなドラマです。
ドリーム☆アゲイン
  こういうファンタジー系が元々大好きなのと、反町隆史志田未来がけっこう好きな俳優なので。

おいしいごはん
  藤原紀香渡哲也が好きなのと、こういうのんびり系のユーモアなホームドラマが面白い。

ハタチの恋人
  長澤まさみの魅力がなんと言っても一番ですが、私もオヤジなので、つい見てしまう。だんだん面白くなってきました。これは、ブログも開設しています。
日曜劇場「ハタチの恋人」〜長澤まさみ&さんま〜

ジョシデカ
  ストーリー展開の面白さに加え、名女優泉ピン子とCM女王で演技派仲間由紀恵の絡みが最高。脚本が非常に洗練されてる感じです。

働きマンも人気があるでしょうが、遊び人には、自己嫌悪に陥ってしまいそうで、観るのが億劫になってしまうんですよね。結構真面目なテーマを扱っていますし。脱サラ人間の私には、抵抗感がめばえてしまったのです。

お詫びに、働きマン占いのリンクを張っておきます。遊んでくださいませ。

働きマン占いリターンズ

働きマン 裏話

2007年10月10日から日本テレビ系列でスタートした菅野美穂主演の「働きマン」、視聴率もまあまあ好調のようです。
このドラマ、実は他に主演が決まっていたという話、ご存知ですか??

実は、「働きマン」は、フジテレビで放送される予定で、主演女優も決定していました。
ところが、原作者の安野モヨコ(あんのもよこ)さんが、「主役がショボイ」、「フジの態度が悪い」といちゃもんをつけて断ってしまったそうです。

それに加えて、浦沢直樹作の人気コミック『20世紀少年』の映画化で、主演を唐沢寿明にするために、日テレは、同じ事務所の菅野美穂を主演にする必要があったということで、実際はかなり複雑な事情が絡んでいるようです。

原作者あってのドラマなんで、納得できないのならクレームをつけるのは許されるんでしょうね。

それにしても、安野モヨコさんがクレームをつけた女優さんって、誰なんだろう・・・?

ネット掲示板では、「伊東美咲じゃない?」「もしかして香里奈?」などなど、様々な憶測が飛び交っているようです。

私見では、菅野美穂ははまり役だと思います。弁護士役などもこなせますし、女性らしさも併せ持っている。TVドラマ出演ではベテランの域です。

主演にぴったりだと安野モヨコさんに言わせた菅野美穂さんですから、頑張っていただきたいですね。


OLやサラリーマンへの応援歌でもある「働きマン」、フジ月9の「ガリレオ」と視聴率争いになるのではないかと期待しています。

ちなみに、「働きマン」の主題歌は、5人組バンド・UVERworld(ウーバーワールド)が歌っています。
タイトルは「浮世CROSSING」(11月14日発売)

もともと原作漫画のファンだったボーカル・TAKUYA∞(27)が、作詞。
「個性を持って社会に出て、ほかの人が気になると思うけど『ありのままの自分でいい』という曲」だということです。ぴったりですね。

「自分らしく生きる、働くとは?誰もが持つ迷い、葛藤を打ち砕くパワーのある楽曲」と、主演の菅野美穂も絶賛しています。

タグキーワード
| TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

働きマンの主演は菅野美穂

hatarakiman.jpg人気コミックの『働きマン』がドラマ化決定ということで、コミックに縁も興味もない方には、それほどの感動はないでしょうが、主演菅野美穂で、日テレで10月10日水曜夜10時よりスタートとなりました。

原作コミックを読んだ方には、ちょっとイメージ違うかもしれませんね、菅野美穂さんは。
松方弘子といえば、色気と強さを兼ね備えたイメージ。

確か“巨乳編集者”と言われていましたが、貧乳(失礼)の菅野美穂さんの配役はイメージが違うかもしれませんね。

あくまで噂話ですが、この『働きマン』は、フジテレビの月9でやると決まっていたらしい。

でも、原作と違って恋愛色が濃いストーリーになったのと、主演女優がショボイという理由から、原作者の安野モヨコさんが蹴ったらしいです。

ということは、日テレの方のドラマでは、恋愛よりも“仕事”がメインの話になるはずですね。
菅野美穂が主演をやることについて、安野モヨコさんは賛成。そして、イメージ通りと大絶賛したそうな。

原作者がぴったりというからには、期待してもいいかも、ですね。

菅野美穂さん、最近では、「私たちの教科書」で、毅然とした女弁護士を見事に演じました。
菅野美穂は、恋する女性を演じても超一級の演技力ですが、ワーキングウーマンも当然こなせます。

菅野美穂さんはスタイルも抜群ですから、女性編集者として、どんなお洒落を見せてくれるかも楽しみです。

このドラマに触発されて、職場で働く女性の晩婚化が一層進むのではないかと、そちらが心配なのは、私だけでしょうか。

働きウーマンとしなかったのは、職場では性別は関係ないという作者の主張のような気がします。

どんなドラマになるか、最後まで見守りたいですね。

それと、この「働きマン」という言葉、流行語大賞にノミネートされる予感がしています。みなさんは、どう思いますか?

| TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
-  |  次の4件 »
Copyright © 菅野美穂主演 働きマン All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。